2018年02月05日

漆喰補修

我が家の子供は今年2人が受験生。

小学6年生の娘は自動的に中学に上がるので心配ない(少しはありますが)として、
問題は高校3年生の息子と中学3年生の娘。

息子は絶対進学しないと思ってたら、まさかの進学したい宣言にビックリこそしましたが
同じ系列の学校に進学(テスト無し)が無事に決まり、ほっと一息。

娘はいろいろありましたが、先日無事合格しましてとりあえず安心しました。

あとはお金の心配をするのみです。(こちらの方が重大です)

さて、先日の漆喰工事の写真。

古い漆喰を撤去するわけですが、この作業が重要です。
ただ綺麗に見せるだけなら古い漆喰を取らずに塗ったほうが簡単だし、手間もかからない。

でも、その分瓦の奥まったところに塗られるはずの漆喰が表面に近くなり、
雨風に濡れやすくなり、傷みやすいんです。

施工前

緑区 大岩様邸_180123_0002.jpg


古い漆喰を撤去したところ

緑区 大岩様邸_180123_0006.jpg


新しい漆喰を塗り込み


緑区 大岩様邸_180123_0024.jpg


これで完成です。

ちなみに漆喰が剥がれると雨が漏ると言い、すぐに工事しないと屋根が崩れると脅す業者さんがいますが
これはほとんど嘘です。

棟の瓦を積むには土で固定しなければいけませんが、この時に土の表面が見えてしまい強い横風などの時に土が洗い流される恐れがあるので耐水性がある漆喰で守ってます。

漆喰が無くなってても、そんなに簡単に屋根は崩れません。

瓦屋根はメンテナンス費用が安く済むのが特徴なので無駄なお金はかけないでくださいね。

瓦の事なら遠慮なく北野瓦店にご相談ください。
posted by 北野瓦店 at 23:24| Comment(0) | 修理

2018年02月01日

新築屋根工事

ここ最近寒いですねー。

ここ一宮でも先日雪が積もり、仕事は進まない、瓦めくりの予定を延期しなくてはいけない等で
なかなか大変でした。
それからもこの数日続く寒さ。

北面なんか霜が降りっぱなしで仕事がはかどりません。

まぁ嘆いてばかりいても仕方がないので、寒さに負けず頑張ります。

例年なら1月から3月は屋根工事は暇な時期なんですが、今年は去年に引き続き
年明け早々から忙しく、ありがたい事です。

さて、先日久しぶりの新築屋根工事をやらせていただきました。

使った瓦は新東さんのセラムF2。
色はストレートブラック。


8452.jpg


切妻屋根なので仕事は早くできました。

ただ、完了後の帰り道で大誤算。

現場が瀬戸市で普通なら1時間程度で帰れる道のり。
写真でも怪しい雲行きですが、途中で視界を遮るほどの雪が降ってきて
アッという間に道路に積もっていきました。

時間も夕方の帰宅ラッシュにはまり、車が進まない。

4時半に現場を出ながら、家に着いたのが8時半。
まさかの4時間も掛かってしまいました。

ホント雪には参ります(汗)
もうしばらく見たくない・・・。


posted by 北野瓦店 at 00:10| Comment(0) | 新築

2018年01月20日

明けましておめでとうございます。

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年も社員一同、誠心誠意励んでいきますので今後ともよろしくお願いいたします。

去年は後半とても忙しく、多くのお客様にお待たせしてしまい、とても申し訳ありませんでした。
なかには雨漏りでお困りのお客様もみえましたので心苦しかったです。

今年はお客様をお待たせすることを減らすよう、頑張っていきますので北野瓦店をよろしくお願いいたします。


・・・って1月の半ばも過ぎてるのに今頃?って感じてるとは思いますが(汗)


例年だと10連休も正月休みを取る北野瓦店ですが
今年は例年より早く5日間で正月休みを切り上げ、早めに仕事を始めました。

去年の仕事が溜まっている状態ではのんびり休めません。

最初の2日間こそチョットした直しなどの工事をしましたが
新年早々の仕事は葺き替え工事。

こちらのお客様は去年の9月にお問い合わせをいただきました。

凍害による瓦の割れ。
傷みが激しく、雨水が浸入し雨漏りが発生していました。
056.jpg


あとはお客様曰く、下手な瓦屋さんが工事したとの事。
確かに、だらしがない軒瓦。垂れ下がってます。ずれ下がってきたのかな?

064.jpg

瓦をめくり、下地を直し、凍害の心配がほとんどない新しい瓦で葺き直しました。
雨漏りでの損傷が思いのほかひどく、軒裏のケイカル版などの取り換える必要があったので
下地直しが大変でした(汗)

007.jpg

でもお客様にも喜んでいただけ、やりがいのある仕事でした。
もうこれで雨漏りの心配は要りませんね。

屋根の事なら大きなことから小さなことまで北野瓦店にお任せください。
posted by 北野瓦店 at 22:47| Comment(0) | 葺き替え工事

2017年12月31日

葺き替え工事

12月最初に名古屋市の街中で葺き替え工事をやらせていただきました。

当初夏頃に塗装屋さんからご相談がありました。
「雨漏りがする現場があり、葺き替えたいと言っている。」

写真が送られてきたので見てみると目が点になりました。

中川区 浮貝邸_171101_0034.jpg

中川区 浮貝邸_171101_0027.jpg

今まで数多くの葺き替え工事をやってきましたが、5本の指に入る傷み具合。
いや、ベスト3には間違いなく入ります。

瓦は大きくずれ、長年の雨漏りで屋根は抜け落ち、しかも隣家の境目がよく分からないことになっています。

とりあえず見積もりを出しましたが、しばらく連絡がなかったので忘れかけていた頃・・・、

「北野さん、U様邸やることになりましたよ」

正直不安いっぱい。(汗)

でもやるからには精一杯やります!

でも夏であの状態だったので数か月経つとやはり傷み具合も進んでました。

003.jpg

梁を補強し、垂木を交換します。

013.jpg

上から針葉樹合板を張って屋根を補強。

018.jpg

そして平板瓦を葺いて完成。

中川区浮貝様邸_171231_0004.jpg

隣家との境目も板金で施工しました。

この現場は本当にいろいろな個所で悩むことが多く、また道路沿いで梯子が立てれない等
いろいろ大変でした。
posted by 北野瓦店 at 08:27| Comment(0) | 葺き替え工事

雨漏り修理

またまた久しぶりの更新ですね。
今年は後半になってずっと忙しく、この状況は周りの瓦屋さんも忙しいみたいです。
台風の影響?なのか分かりませんが、こんなに長い期間忙しいのは初めてです。
今年中に工事が出来なかったお客様には申し訳ありませんでした。

来年はもう少し余裕をもって段取りできるよう、努力していきたいと考えてます。

さて、先日雨漏り調査に行ってきました。
何年も前から雨漏りがしては自分で直してきたとの事。

現場についてみると・・・、

020.jpg

瓦のありとあらゆる隙間にコーキングが塗ってありました。
谷板にも・・・。

019.jpg

こんなに塗るのも大変だったと逆に関心してしまいます。

でも雨漏りはこんなにコーキングを塗っても直ることは少ないです。
屋根形状が複雑な場合は見た目は問題なくても根本的に施工が悪い場合がほとんどなんです。

ですから瓦を一旦ばらし、雨漏りの原因を突き止めて再度積み直す事が必要です。

でもこの状況では、瓦もコーキングの影響で容易にばらせないし、
カッターで切りながら時間を掛けてばらしても瓦にコーキングの跡が残ってしまい見た目も悪い。

その旨説明したら葺き替え工事をやることになりました。

ただ、雨漏りの初期に専門の人にみてもらえば葺き替え工事と比べ、
費用も格段に安く済んだんじゃないかな、と感じました。
posted by 北野瓦店 at 07:56| Comment(0) | 修理