2021年04月05日

瓦補修工事

先日、塗装屋さんからのご依頼で瓦の補修工事に伺いました。

まず目を引いたのは鬼瓦が外れてしまってました(汗)

003.jpg

鬼瓦が外れるのは縛ってある銅線が切れてしまう事で生じます。
たまに漆喰が剥がれると鬼瓦が外れるという事を耳にしますが、これは勘違い。
漆喰と鬼瓦が外れるのは全く無関係です。

004.jpg

写真の鬼瓦を見ると見事に銅線がちぎれてます。

ただ、この外れた鬼瓦を再度取り付けるのは結構厄介でして、一旦棟を解体しないといけません。
写真のように低い棟でしたら比較的簡単ですが、高く積んである棟だとそれだけ解体する範囲も広がるので大変なんです。

修理後がこちら

010.jpg

他にも鬼瓦が10個以上あったのでシーリングで補強しておきました。

しかし、落ちずに残ってたのは不幸中の幸いでしたね。

あとは割れた瓦の差し替え等をやって完了です
002.jpg

しかし今回の現場は足場を架けてから判明したようですが、あんまり屋根の事って気づかないものですね(汗)

屋根の事で気になる事などあれば北野瓦店にお気軽にご相談ください
posted by 北野瓦店 at 22:40| Comment(0) | 修理

2021年01月31日

漆喰工事

ついこの間正月休みが明けたと思ったらもう1月も終わりですね。

年を取ると時間が経つのが早く感じると言いますが、本当に早く感じます。
仕事も現在落ち着いておりますが、個人のお客様からのご相談が続いておりまして
暇になる事もなく本当に感謝してます。

屋根の事でお困りごとがありましたら北野瓦店にお気軽にご相談ください

さて、先日行ってきた仕事ですが漆喰の補修工事です。

汚く見えるようになってきたので見栄え良くとの事でした。
漆喰は傷んだからといって、すぐに雨漏りがするわけではありませんが
訪問販売業者の格好の的ですので(汗)

早く直さないと雨漏りして家が崩れるよ、とか言われるそうですが
そこまでの心配は全く要りません。
そんな事になるんだったら、日本の住宅の大多数が崩れる心配があります。

とは言え綺麗に越したことはありませんが・・・


工事前

005.jpg

工事後007.jpg

漆喰が新しくなって屋根全体も綺麗になりました!
posted by 北野瓦店 at 22:04| Comment(0) | 修理

2020年09月13日

トップライトからの雨漏り

夏の暑い時期を乗り越え、少しずつ涼しくなってきた感じ。

ここ数日は秋雨前線に悩まされ、天気がハッキリしません。

季節の移り変わり早っ!

もう秋がそこまで来てますよ。
気が付けばあと3か月で年末だしね。

さて、先日トップライトからの雨漏りのご相談をいただき見に行きました。
時々雨が漏るとの事。

022.jpg

ガラス周りの水切り交換で直ることも多いですが、今回は無くしたいとの事。
建築時は屋根から明かりが取れるとの事で人気がありますが
実際付けてみると、夏は暑いとか、明るすぎて嫌だ(壁の窓と違ってカーテンが付けづらい)とか
結構不満も多いんです。

今回は思い切って撤去することなりました。


まずは周りの瓦をめくってトップライト本体を外します
その後、合板を張るための下地となる垂木を取り付けます


001.jpg


続いて合板を張り、


004.jpg


防水紙を張った後に、瓦を並べるための桟木を打ち付け


005.jpg


瓦を並べて完成です


008.jpg


工事の後半、雨が降ってきて慌てましたが何とか無事に完了です。

これでトップライトに関するメンテナンスは一切考えなくても済みますね。
posted by 北野瓦店 at 15:27| Comment(0) | 修理

2020年08月25日

夏の日の漆喰工事

先日、夏の暑い中、名古屋市で漆喰工事をやってきました。

この時期の漆喰工事は、本当に暑い!
覗き込みながら仕事をするので膝をついたり寝転びながら漆喰を塗り込むんですが
瓦が太陽で熱せられ、膝をつくとズボンの上からでも瓦の暑さが伝わります。
毛布を敷いて寝転んでみたり、いろいろ試したけどなかなか上手くいかない。

そんななか、うちの職人が膝あてを買ってきて、これを試してみたら実に快適。
これで真夏の漆喰工事も安心です

・・・嘘です。屋根の上が涼しくなるわけではないので、汗びっしょりになるのは変わりません。

そんな苦労をしながら塗った漆喰は一段と綺麗に見えるのは気のせいでしょうか?
漆喰が綺麗になると瓦も映えますね。

042.jpg
posted by 北野瓦店 at 14:03| Comment(0) | 修理

2020年06月30日

雨漏り修理

梅雨という事もあり、今日も一日中、雨が降ってました。

この時期の雨って天気が悪くてもそれほど雨量は無いと思ってましたが
今年の梅雨はメリハリがあって(?)降るときは、かなり降ります。

異常気象のせいもあるのかな?

さて、先日の修理の現場をご紹介。

うちの近所でのお仕事でしたが、立派な住宅で、敷地内にいろいろな建物が点在。
その中の一つに蔵があったんですが、この屋根が陥没してるとの事。

083.jpg


何でこんなことに?とよく見てみると


080.jpg


089.jpg


瓦が軒先から全部ズレてしまってます。

ここまでズレると葺き替え工事しか直す方法は無いのですが、
現在、誰も住んでない空き家状態で葺き替えるほどのお金は掛けられないとの事。

でも雨漏りがしていては、しまってある物も悪くなるし、建物が崩れてしまう・・・。

とりあえず苦肉の策として、

陥没している屋根は木工事で直す。
ズレた瓦を直すには状態が悪すぎるので瓦の隙間に板金を挟む。

これなら低予算でとりあえず雨漏りは止まります。


まず陥没している部分の瓦をめくり

007.jpg


折れた垂木の代わりに新しい垂木を取り付け


011.jpg


野地板を張り直しました


013.jpg


最後に瓦を復旧し、板金を瓦の形に馴染ませて完了。


014.jpg


とりあえず今回はこれで雨漏りは止まりました。
ただ、瓦がずれているという根本的な問題は直ってないので、あくまでも応急的な処置です。

出来る限りお客様に合わせた工事方法を提案していきたいと思ってますのでお気軽にご相談ください。
posted by 北野瓦店 at 23:42| Comment(0) | 修理