2020年09月13日

トップライトからの雨漏り

夏の暑い時期を乗り越え、少しずつ涼しくなってきた感じ。

ここ数日は秋雨前線に悩まされ、天気がハッキリしません。

季節の移り変わり早っ!

もう秋がそこまで来てますよ。
気が付けばあと3か月で年末だしね。

さて、先日トップライトからの雨漏りのご相談をいただき見に行きました。
時々雨が漏るとの事。

022.jpg

ガラス周りの水切り交換で直ることも多いですが、今回は無くしたいとの事。
建築時は屋根から明かりが取れるとの事で人気がありますが
実際付けてみると、夏は暑いとか、明るすぎて嫌だ(壁の窓と違ってカーテンが付けづらい)とか
結構不満も多いんです。

今回は思い切って撤去することなりました。


まずは周りの瓦をめくってトップライト本体を外します
その後、合板を張るための下地となる垂木を取り付けます


001.jpg


続いて合板を張り、


004.jpg


防水紙を張った後に、瓦を並べるための桟木を打ち付け


005.jpg


瓦を並べて完成です


008.jpg


工事の後半、雨が降ってきて慌てましたが何とか無事に完了です。

これでトップライトに関するメンテナンスは一切考えなくても済みますね。
posted by 北野瓦店 at 15:27| Comment(0) | 修理

2020年08月25日

夏の日の漆喰工事

先日、夏の暑い中、名古屋市で漆喰工事をやってきました。

この時期の漆喰工事は、本当に暑い!
覗き込みながら仕事をするので膝をついたり寝転びながら漆喰を塗り込むんですが
瓦が太陽で熱せられ、膝をつくとズボンの上からでも瓦の暑さが伝わります。
毛布を敷いて寝転んでみたり、いろいろ試したけどなかなか上手くいかない。

そんななか、うちの職人が膝あてを買ってきて、これを試してみたら実に快適。
これで真夏の漆喰工事も安心です

・・・嘘です。屋根の上が涼しくなるわけではないので、汗びっしょりになるのは変わりません。

そんな苦労をしながら塗った漆喰は一段と綺麗に見えるのは気のせいでしょうか?
漆喰が綺麗になると瓦も映えますね。

042.jpg
posted by 北野瓦店 at 14:03| Comment(0) | 修理

2020年06月30日

雨漏り修理

梅雨という事もあり、今日も一日中、雨が降ってました。

この時期の雨って天気が悪くてもそれほど雨量は無いと思ってましたが
今年の梅雨はメリハリがあって(?)降るときは、かなり降ります。

異常気象のせいもあるのかな?

さて、先日の修理の現場をご紹介。

うちの近所でのお仕事でしたが、立派な住宅で、敷地内にいろいろな建物が点在。
その中の一つに蔵があったんですが、この屋根が陥没してるとの事。

083.jpg


何でこんなことに?とよく見てみると


080.jpg


089.jpg


瓦が軒先から全部ズレてしまってます。

ここまでズレると葺き替え工事しか直す方法は無いのですが、
現在、誰も住んでない空き家状態で葺き替えるほどのお金は掛けられないとの事。

でも雨漏りがしていては、しまってある物も悪くなるし、建物が崩れてしまう・・・。

とりあえず苦肉の策として、

陥没している屋根は木工事で直す。
ズレた瓦を直すには状態が悪すぎるので瓦の隙間に板金を挟む。

これなら低予算でとりあえず雨漏りは止まります。


まず陥没している部分の瓦をめくり

007.jpg


折れた垂木の代わりに新しい垂木を取り付け


011.jpg


野地板を張り直しました


013.jpg


最後に瓦を復旧し、板金を瓦の形に馴染ませて完了。


014.jpg


とりあえず今回はこれで雨漏りは止まりました。
ただ、瓦がずれているという根本的な問題は直ってないので、あくまでも応急的な処置です。

出来る限りお客様に合わせた工事方法を提案していきたいと思ってますのでお気軽にご相談ください。
posted by 北野瓦店 at 23:42| Comment(0) | 修理

2020年05月28日

漆喰工事とスズメ口面戸取り付け

今月5回目のブログ更新!
こんな頻繁に更新なんてなかなか無いですよ(汗)

今回は漆喰工事とスズメ口板金の取り付けに行ってきました。

スズメ口板金とは名前の通りで、軒瓦や袖瓦にはスズメが出入りできる隙間があり、
その箇所の事を言います。

特に春から夏にかけて卵を産むために瓦の裏側に巣を作ることが多く、この時期はよくご相談を受けます。
スズメが巣を作るからと言って建物に害を及ぼす事はあまりないのですが、
稀にワラなどが瓦の隙間に入り込み、雨漏りを起こす、出入り口付近がフンで汚れるなどの被害はあります。

以前は左官屋さんが漆喰などで埋めていたのですが、漆喰ではどうしても取れてしまうことがあるので
最近では板金で塞ぐことが多いです。
新築でしたら瓦を葺く前につけれるので簡単に取り付けができるプラスチック製の物を付けます。


軒瓦の雀口

099.jpg


袖瓦の雀口

120_1.jpg

板金なので耐久性もありますし漆喰より手間がかからないので安く取り付けることも出来ます。
足場がないと出来ないので塗装工事などと一緒にやられるのがお勧めです


屋根の事なら北野瓦店にお気軽にご相談ください


posted by 北野瓦店 at 21:58| Comment(0) | 修理

2020年05月18日

トップライトからの雨漏り

新型コロナで出されていた緊急事態宣言、愛知県では解除されました。
県独自の緊急事態宣言は継続されているとはいえ、ようやく平常に少し近づいたと言えます。

ただ、ここで油断して気を緩めると再度感染拡大になるかもしれません。
悪い状況も想定しつつ、感染拡大に気をつけながら少しずつ普段通りの生活を取り戻したいですね。

さて、先日屋根の上にあるトップライトから雨が漏っているようだとご相談を受けました。


11879928213160.jpg


工務店さんからのご依頼で現場は現在、塗装工事中の住宅。
監督さんが屋根瓦の点検中に瓦のズレと不自然な沈みを発見し、めくってみたら雨漏りを発見しました。
仮設足場もあったのでそのまま利用でき、雨漏り修理はお客様にとって予想外の出費だったかもしれませんが、
逆に、ここで発見してなかったら、さらに雨漏りによる木材腐食が進み、取り返しのつかないことになっていたかも?

さて、瓦をめくってみると・・・


054.jpg


長年の雨漏りで下地が腐ってました(汗)


ここまで進行しているとは想定外でしたが、材料も何とか調達し、復旧工事完了。
本来ならトップライト周りの板金を全て交換することもありますが、
今回は穴の開いた板金の代わりに新しい板金を差し込んで雨漏りを止めました。

064.jpg

トップライトって、採光の為に使われますが、10年くらいすると穴が開き始めることもありますので
寿命がある事もご承知の上で採用されることをお勧めします。

youtubeにも動画をアップしてありますので宜しければご覧ください




屋根の事なら北野瓦店にお気軽にご相談ください

posted by 北野瓦店 at 00:01| Comment(0) | 修理