2018年04月11日

棟の積み替え

4月も半ばになり、うちの3人の子もそれぞれ入学式を終え、慌ただしさもピークは越えました。

でも仕事の方はまだまだ落ちつくことなく、連休前はバタバタです。

さて先日のネタですが、土岐市で棟の積み替え工事をやりました。

雨漏りがすると工務店さんから現地調査の依頼があり、見に伺うと棟の瓦がずれてしまってます。


025.jpg


温水器を支える針金もズレる要因。
あとは寒さによって棟の中の土に粘りが無くなり、瓦を固定することが出来なくなってます。

こんな状態になると積み替えしか方法はありません。

一度、棟を解体し、土を撤去。


017.jpg
土ではなく、モルタルで瓦を固定します。
漆喰も必要ありません。


瓦同士を銅線で固定するので瓦が落下する心配もありません。
地震にも強くなります。



022.jpg


そして完成。


032.jpg


これで数十年は心配ありません。
必要のなくなった温水器も取り外し撤去しました。

瓦はもともと耐久性に優れた屋根材ですが、工法もどんどん改良され、地震や台風にも強くなってます。


屋根の事ならお気軽に北野瓦店にご相談ください。
posted by 北野瓦店 at 22:00| Comment(0) | 修理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: