2020年05月15日

セメント瓦葺き替え

先日津島市でセメント瓦の葺き替え工事をやりました。

当初、外壁補修工事の予定だったのが、補修をしているうちに屋根から雨漏りしているらしいという事になり、
せっかく外壁を直したのに、雨漏りがしていてはすぐに建物がダメになってしまうから直したいとのご相談。

ただ、セメント瓦はもう作られていないし、何枚か割れているので部分補修は不可能という判断で
全てめくり、平板瓦への葺き替え工事になりました。

セメント瓦は表面に塗られている塗膜が色褪せて無くなってしまうと、水を吸い込んでしまいます。
その点、陶器瓦は釉薬が塗られていて、紫外線で劣化することもありません。
現在の製造技術も優れていますので、個人的な見解ですが数十年は劣化しないと思います。
建物の耐久年数以上は品質を保つのでは無いでしょうか?

施工例がこちら

葺き替え前

013.jpg



葺き替え後


004.jpg



見違えるようになりました。

間もなく梅雨になりますので、雨漏りの心配のある方は早めのメンテナンスをお勧めします
posted by 北野瓦店 at 08:16| Comment(0) | 葺き替え工事