2018年02月05日

漆喰補修

我が家の子供は今年2人が受験生。

小学6年生の娘は自動的に中学に上がるので心配ない(少しはありますが)として、
問題は高校3年生の息子と中学3年生の娘。

息子は絶対進学しないと思ってたら、まさかの進学したい宣言にビックリこそしましたが
同じ系列の学校に進学(テスト無し)が無事に決まり、ほっと一息。

娘はいろいろありましたが、先日無事合格しましてとりあえず安心しました。

あとはお金の心配をするのみです。(こちらの方が重大です)

さて、先日の漆喰工事の写真。

古い漆喰を撤去するわけですが、この作業が重要です。
ただ綺麗に見せるだけなら古い漆喰を取らずに塗ったほうが簡単だし、手間もかからない。

でも、その分瓦の奥まったところに塗られるはずの漆喰が表面に近くなり、
雨風に濡れやすくなり、傷みやすいんです。

施工前

緑区 大岩様邸_180123_0002.jpg


古い漆喰を撤去したところ

緑区 大岩様邸_180123_0006.jpg


新しい漆喰を塗り込み


緑区 大岩様邸_180123_0024.jpg


これで完成です。

ちなみに漆喰が剥がれると雨が漏ると言い、すぐに工事しないと屋根が崩れると脅す業者さんがいますが
これはほとんど嘘です。

棟の瓦を積むには土で固定しなければいけませんが、この時に土の表面が見えてしまい強い横風などの時に土が洗い流される恐れがあるので耐水性がある漆喰で守ってます。

漆喰が無くなってても、そんなに簡単に屋根は崩れません。

瓦屋根はメンテナンス費用が安く済むのが特徴なので無駄なお金はかけないでくださいね。

瓦の事なら遠慮なく北野瓦店にご相談ください。
posted by 北野瓦店 at 23:24| Comment(0) | 修理