2018年02月17日

カラーベストの雨漏り

先日、各務原市でカラーベストの雨漏り修理をしました。

屋根が緩い勾配の為、ケラバから雨漏りし、破風板が腐ってました。
出来れば緩い勾配に対応した屋根材で葺き替えたいところですが、ご予算とあと何年住むのかのご予定との兼ね合いで今回は修理で済ませることに。

001.jpg

カラーベストをめくってみると案の定、下地のコンパネまで腐ってて、結局ほとんど張り替え。
思った以上に悪かったので写真を撮る事すら忘れ、作業に没頭していました。

010.jpg

破風板を新しくし、下地を作り直し、ルーフィングを張りました。

012.jpg


その後、新しいカラーベストで葺き直し・・・というか葺き替え。(汗)


038.jpg


予想以上の傷み具合で材料代で痛い出費が増えましたが、悪い状態では放っておけません。
うちのこだわりです。でも追加金額は頂きません。

仕事が終わった時にお客様に気持ちよく、完了しました!って言いたいですからね。

見積金額は安く、あとから追加追加で工事代金が上げてく業者とは違います(汗)


屋根の事ならお気軽に北野瓦店にご相談ください。

posted by 北野瓦店 at 22:18| Comment(0) | 修理

2018年02月15日

カラーベストから瓦への葺き替え

最近立て続けに葺き替え工事をさせていただいてます。

今回は春日井市でカラーベストから平板瓦への葺き替え工事をさせていただきました。

カラーベストをめくってると何か屋根にフワフワ感を感じます。

010.jpg

ルーフィングをめくってみてビックリ!

016.jpg

垂木まで腐ってます

018.jpg

緩い勾配にカラーベストを使ったので雨漏りがしていたようです。
カラーベストなんて雨漏りがしない程度に薄いセメントの板を並べた程度の物ですからね。
勾配が緩いと毛細管現象で簡単に雨が漏ります。
最近建売住宅では多く使われますが、カラーベストなんか使うくらいなら板金のほうがよっぽど良いです。

020.jpg

状態の良くない下地はしっかり直します。

048.jpg

ルーフィングと軒先水切を取り付け、桟木もヒノキで。

108.jpg

工事完成です。
見た目も立派になって耐久性抜群。
瓦は塗装も要らないからメンテナンス費用ゼロ。

究極の屋根材だと思いますよ。

屋根の事ならお気軽に北野瓦店にご相談ください。

posted by 北野瓦店 at 13:02| Comment(0) | 葺き替え工事

2018年02月11日

可児市葺き替え工事

先日、可児市で葺き替え工事をやらせていただきまさいた。

以前ブログでもご紹介した、雨漏りがするためお客様ご自身でコーキングをしたが
なかなか直らないので、見に行った建物です。

工事前がこちら。

IMG_0840.jpg

コーキングで隙間を塞いであり、雨漏り原因を調べるために少し瓦をめくろうと思ってもくっついていて大変です。

今回は葺き替え工事になりましたので安心してめくれます。

8人がかりでボンドに苦戦しながらも一気にめくり、土も撤去して野地板だけの状態。

063.jpg

合板を張って屋根を補強。

066.jpg


防水の為のルーフィングを張り、瓦を固定するための桟木を打った状態。

095.jpg

そして施工完了。
使った瓦は新東のセラムF2 色はお客様の好きなブラウンです。

010.jpg

今回の工事で雨漏りの怪しい屋根形状の複雑な個所も念入りに処理し、長年続いた雨漏りに悩まされる事もなくなると思います。
土が5トンあったので屋根も軽くなり建物への負担が少なくなりました。


屋根の事ならお気軽に北野瓦店にご相談ください。
posted by 北野瓦店 at 15:17| Comment(0) | 葺き替え工事

2018年02月05日

漆喰補修

我が家の子供は今年2人が受験生。

小学6年生の娘は自動的に中学に上がるので心配ない(少しはありますが)として、
問題は高校3年生の息子と中学3年生の娘。

息子は絶対進学しないと思ってたら、まさかの進学したい宣言にビックリこそしましたが
同じ系列の学校に進学(テスト無し)が無事に決まり、ほっと一息。

娘はいろいろありましたが、先日無事合格しましてとりあえず安心しました。

あとはお金の心配をするのみです。(こちらの方が重大です)

さて、先日の漆喰工事の写真。

古い漆喰を撤去するわけですが、この作業が重要です。
ただ綺麗に見せるだけなら古い漆喰を取らずに塗ったほうが簡単だし、手間もかからない。

でも、その分瓦の奥まったところに塗られるはずの漆喰が表面に近くなり、
雨風に濡れやすくなり、傷みやすいんです。

施工前

緑区 大岩様邸_180123_0002.jpg


古い漆喰を撤去したところ

緑区 大岩様邸_180123_0006.jpg


新しい漆喰を塗り込み


緑区 大岩様邸_180123_0024.jpg


これで完成です。

ちなみに漆喰が剥がれると雨が漏ると言い、すぐに工事しないと屋根が崩れると脅す業者さんがいますが
これはほとんど嘘です。

棟の瓦を積むには土で固定しなければいけませんが、この時に土の表面が見えてしまい強い横風などの時に土が洗い流される恐れがあるので耐水性がある漆喰で守ってます。

漆喰が無くなってても、そんなに簡単に屋根は崩れません。

瓦屋根はメンテナンス費用が安く済むのが特徴なので無駄なお金はかけないでくださいね。

瓦の事なら遠慮なく北野瓦店にご相談ください。
posted by 北野瓦店 at 23:24| Comment(0) | 修理

2018年02月01日

新築屋根工事

ここ最近寒いですねー。

ここ一宮でも先日雪が積もり、仕事は進まない、瓦めくりの予定を延期しなくてはいけない等で
なかなか大変でした。
それからもこの数日続く寒さ。

北面なんか霜が降りっぱなしで仕事がはかどりません。

まぁ嘆いてばかりいても仕方がないので、寒さに負けず頑張ります。

例年なら1月から3月は屋根工事は暇な時期なんですが、今年は去年に引き続き
年明け早々から忙しく、ありがたい事です。

さて、先日久しぶりの新築屋根工事をやらせていただきました。

使った瓦は新東さんのセラムF2。
色はストレートブラック。


8452.jpg


切妻屋根なので仕事は早くできました。

ただ、完了後の帰り道で大誤算。

現場が瀬戸市で普通なら1時間程度で帰れる道のり。
写真でも怪しい雲行きですが、途中で視界を遮るほどの雪が降ってきて
アッという間に道路に積もっていきました。

時間も夕方の帰宅ラッシュにはまり、車が進まない。

4時半に現場を出ながら、家に着いたのが8時半。
まさかの4時間も掛かってしまいました。

ホント雪には参ります(汗)
もうしばらく見たくない・・・。


posted by 北野瓦店 at 00:10| Comment(0) | 新築