2016年08月12日

ま、眩しい!

夏真っ盛りの中、どこ行っても必ず
「瓦屋さんは屋根の上で仕事だから大変だねぇ」
と、言われます。

ええ、確かに大変だけど屋根の上は地上より風があって良い時もあるんです。
でも全く無風の時はホント辛い。

4リットル水分補給してもトイレに行ってない時もあります。
そして家でビールを1リットル補給すると良い感じ♪(笑)

夏はついつい飲みすぎてしまいますね。

そんな暑い中、新築工事をやってきました。

012.jpg

ま、眩しすぎます!
サングラス必須!
熱を反射して断熱効果が抜群の遮熱シートですが、まずは人間が溶けてしまいそうです。

そんな中、必死になって瓦を葺いて完成。

035.jpg

瓦は野安のセラマウント。なかなか見た目も良い瓦です。

今年は新兵器を導入したのでちょっと気持ち的に楽です
今回の現場ではフル稼働でした。

それはこちら↓


マキタの空調服。
何がいいってインパクトドライバーなどの電池がアダプターを介せばそのまま使える。
しかもUSBケーブルが挿せるのでスマホの充電も可能。
マキタのバッテリーを持ってればバッテリーを買わなくても使えるので初期投資が安くなります。

デメリットは重い。
あとは風量が弱い気がします。風が当たる背中だけ涼しいです。
 
(注)・・・あくまで個人の感想です


そして従業員に買ったものがこちら↓



うちの従業員はこちらが断然いいって言いきりやがった。(涙)
注 こちらも個人の感想です (汗)

風量も問題なく服全体に行き渡ります。

・・・でも満充電に8時間も掛かりやがる。
しかも4時間でバッテリー切れ。
電池を予備で買わないと一日持ちません。
午前中の涼しい時間は我慢して休憩時間にちょこちょこ充電すれば、なんとか夕方まで持つかもしれませんが。

まぁどちらにせよ、風が吹いている日は脱いだほうが涼しいのは間違いない(汗)


【新築の最新記事】
posted by 北野瓦店 at 21:56| Comment(0) | 新築

池田町葺き替え工事

北野瓦店、本日よりお盆休みです。
16日までの予定ですが、今日は事務仕事でずっとパソコンにむかってます。

どうも普段仕事終わってから夜にパソコンに向かうと集中力が途切れちゃって
なかなか事務仕事が進まない。
僕の悪いクセです。

さて、先日から始まった池田町の葺き替え工事はすべて順調に進み、余裕もって完了することができました。

H様からメールでご相談いただいたのは4月の事。
雨漏りがひどく瓦を葺き替えたいとの事でしたが、伺ってみると瓦のずれがひどく、雨漏りもいたるところで発生。

iphne 680.jpg


確かに簡単な補修では直せそうにないので、葺き替えのお見積もりをご提案したところ、当店にご依頼いただけました。

ます瓦をめくります。


014.jpg


昔の工法だと瓦の下には土が載ってますが、その土があまり使ってないので瓦がずれ易かったようです。
棟もかなり水が入ってたみたいで全体的に湿ってました。



032.jpg


針葉樹合板で補強し、


109.jpg


完成です。

今回は下屋根の瓦の色に合わせ青緑(せいろく)を使用。
昔はよく使われていたようですが、最近ではほとんど使用されないので実は高級品なんです。
posted by 北野瓦店 at 21:06| Comment(0) | 葺き替え工事

2016年07月26日

新東 セラムFフラット

今日は一日中雨でしたが、今日から始まった屋根葺き替え工事で
足場設置の立ち合いで半日現場にいました。

職人さん二人で朝から昼過ぎまで掛かりました。
雨の中、足場を組んでくれる職人さんには頭が下がる思いです。
これから2週間、近隣の方にも迷惑をお掛けすることになりますので様々なことに気を使いながら進めていきたいですね。

さて、このホームページを運営して14年ほど経ちましたが
ここ最近、怪しいメールが頻繁に届くようになってきました。

まぁメールアドレスを公開してるので迷惑メールは毎日数10通届いてますが、
今日のメールは普通のプロバイダーメールで

「お世話になっております 写真でご確認ください。 取り直しお願いします。」

最後の取り直し?という言葉が気になりましたが、気を付けてないと開いてしまうレベルです。



・・・こういった普通の文章のウイルスメールは勘弁してください(汗)



どこかの得意先からのメールだと思ったやん!


みなさん気を付けましょう。



さて、先日の新築工事の写真です。

025.jpg
使用した瓦は新東株式会社のCERAM-F FLAT

ストレート袖瓦を使い、袖瓦からの雨の浸入の恐れもないし、何より見た目が良い!
工務店さんにご紹介すると皆さん気に入ってくれます。
お勧めですよ

・・・あまりきれいに撮った写真が無いのに今、気が付きました(汗)
posted by 北野瓦店 at 23:30| Comment(0) | 新築

2016年07月21日

棟の積み替え

東海地方、いよいよ梅雨明けです。

いきなり暑いです。

たまらず空調服GETしました。
とりあえず1週間使いまいたが、やはり涼しく感じます。
もう少し使ったら感想を報告します。

先日の棟取り換え工事の写真です。

知り合いの塗装屋さんからのご相談でしたが棟の瓦が割れてきたという事。
実際に見てみると、かなりの枚数が割れてしまってます。

003.jpg


これは凍害による被害。

瓦にしみ込んだ水分が凍った時に表面が剥離したり内部から割れてしまったりする現象。

オイルショックの時代に作られた瓦は、焼く温度が低かったので凍害が起きやすいらしいです。
現在の瓦は1100度以上の高い温度で焼かれますので凍害が起きにくいとされてます。

今回は古い瓦は使えませんので、新しい瓦を使って棟を積み替えることになりました。

瓦の色は青緑(せいろく)
昔流行った色ですが、今ではほとんど使われず、高い部類に入ります。

完成後の写真がこちら。

009.jpg

あまり変わってない?(汗)

でも雨漏りも解消し、格段に強くなりました!
posted by 北野瓦店 at 22:32| Comment(0) | 修理

2016年06月28日

雨漏り修理

1か月半ぶりの更新です(汗)

前回の更新からそんなに日にちが経ったのかな〜?

さて、6月に入り梅雨も本番。
最近は天気予報を見ても傘マークばかりでため息ばかり出てしまいます。
今は仕事が落ち着いていますのでそれほど胃が痛くなるような思いはしてませんが、
忙しい時期だったらストレスでこの大きなお腹が少しは痩せれるかもしれません。

梅雨に多くなるのが雨漏りのご相談。

今日の現場は塗装屋さんからの依頼でした。
現在塗装工事中のお客様の屋根に雨漏りのシミが・・・。

021.jpg

ちょっと見てもらえますか?との事で調べてみると外見では分からない箇所で問題が・・。

017.jpg

平板瓦の袖瓦の下に雨水を受けるハズの板金が入ってない。
しかもルーフィングすら立ち上がってない。


018.jpg

本来ならば、この箇所は雨漏りしやすい箇所なので2重3重の雨漏り対策が必要な個所なんです。

そこで一旦瓦を外し、ルーフィングの代わりに防水テープを貼り、板金を取り付けました。

070.jpg


そして袖瓦を取り付け復旧。

見た目は全く変わってませんが、雨漏りのしない屋根に変わりました。

077.jpg

建てた時にしっかりした工事がされていれば今回の工事は必要にならなかったのに、
手を抜いたせいでお客様は余分な工事をする羽目に・・・。
気の毒です。
posted by 北野瓦店 at 01:16| Comment(0) | 修理

2016年05月06日

漆喰工事

春になり、漆喰工事?の依頼が多くなってます。

最近落ち着きましたが2月〜4月は週1件づつやっていたようなイメージ(汗)
漆喰がはがれたからって雨漏りがするとは限らないんですが、やはり見た目が悪いですから。

あとは塗装工事のついでにとか。

気になってる方は一度ご相談ください。

寄棟屋根の場合は隅棟の先っぽが非常に危険なので足場があるときの方が良いです。(汗)

018.jpg

006.jpg


古い漆喰を取らなくてはいけない場合とそうでもない場合がありますので
訪問販売の業者よりも屋根工事の業者に依頼したほうが良いですよ。

posted by 北野瓦店 at 15:19| Comment(0) | 修理

岐阜市いぶし瓦葺き替え工事

岐阜市の岐阜城ふもとで屋根の葺き替え工事をおこないました。

城下町なので道幅も狭く、ダンプを現場前に止めると自転車が通るのがやっと。
お施主様や元請さんのご協力でなんとか瓦めくりが出来ました。
あまりの大変さで写真を撮るのも忘れ、最近では一番疲れてました(汗)

こちらの現場は、様々な問題も多く、屋根が複雑で瓦の取り合いと雨仕舞も考えながらの作業になる。
玄関わきに植えてある松の木が玄関の屋根に当たっており、それをどう直すか?
数えるとキリがないくらい難題をクリアする必要がありました。

しかし苦労した分、完成の時の達成感も少し違います。

完成後の写真がこちら。


023.jpg


屋根の向こうの金華山の頂上に岐阜城が見えます。

そして苦労した下屋根がこちら。

013.jpg


屋根と屋根がぶつかり合い、最初は訳が分からないくらいゴチャゴチャしてました。
これでも屋根を作り変えてスッキリさせ雨漏りがしにくいように仕上げました。


posted by 北野瓦店 at 15:06| Comment(0) | 葺き替え工事